あまたの車買取業者より…。

個別のケースにより多少の相違はありますが、大部分の人は中古車売却の際、新しく買い入れる車の販売業者や、自宅の近在の中古車買取店に古い車を売却することが多いのです。あまたの車買取業者より、お手持ちの車の見積もり価格を一度に取ることができます。試してみたいというだけでも差し支えありません。お手持ちの車がどの程度の金額で売れるのか、ぜひ確認してみましょう。通念として軽自動車のケースでは、見積もり金額に差が出来にくいと言われます。しかるに、軽自動車のケースでも、オンライン一括査定サイトなどの売却方法によっては、大きな買取価格の差をつけることだってできるのです。10年落ちの車だという事は、下取りの査定額を数段下げる要因であるというのは、あながち無視できません。わけても新車の場合でも、特に値が張るという程でもない車種だと明らかな事実です。差し当たり、ネットの車買取一括査定サイトを使用してみるのも手です。何社かで査定してもらう間に、譲れない条件にふさわしい下取り専門業者が自然と見つかると思います。自分で動かなければ満足いく結果は得られません。社会が徐々に高齢化していく中で、地方だと特に車を自己所有する年配の方が多くいるので、出張買取のサービスは、この先も長く広く発展するものと思います。在宅のまま中古車査定に出せるという効率的なサービスです。車検の切れた中古車であっても、車検証を持参して同席するべきです。ところで車の出張買取査定というのは、ただでできるものです。売却に至らなかったとしても、利用料を催促されるといったことは絶対にありません。ネットの車買取一括査定サイトは、車買取業者がしのぎを削って買取査定するという車を売りたい人には究極の状態になっています。この環境を個人の力で用意するのは、間違いなくヘビーな仕事だと思います。中古車買取相場というものは、大筋の金額でしかないことを意識し、参考文献という位にしておき、リアルに車を売却しようとする時には、平均価格よりも高い値段で契約することをチャレンジしましょう。今どきは新車購入時の下取りよりも、WEBサイトを上手に利用して、高い値段であなたの愛車を買い取ってもらういいやり方があります。言ってみれば、簡単ネット車査定サイトで、無料で利用できて、数分程度で登録もできます。あなたの自家用車が絶対欲しいという中古自動車販売店があれば、相場より高い査定が出されることもあり、競争式の入札で車買取の一括査定サービスを使うことは、とても重要なポイントだと思います。多忙なあなたに一押しなのは中古車の一括査定を活用して、ネット上でのやり取りだけで終了させてしまうというのがもっとも好都合ではないでしょうか。こののちは中古車下取りを思いついたらまず、ネットの一括査定を利用してうまくお得に車の買い替えをしましょう。無料の出張査定は、車検の切れた車を査定に来てもらいたい場合にもマッチします。外出困難な人にも非常に重宝します。安心して査定完了することが可能なのです。インターネットの中古車買取査定サイトで、最も合理的で支持されてているのが、利用料は無料で、2つ以上の車買取店から同時にまとめて、短時間で見積もりを比較可能なサイトです。車の買取査定額を比較するために、自ら中古車店を発掘するよりも、中古車買取のネット一括査定に載っている中古車業者が、自分から高価買取を考えているのです。ハーレー 買取相場をお教えしちゃいます。

中古車のおおまかな相場を下調べしておくことは…。

WEBの車買取査定サービスの中で、扱いやすく高評価なのが、料金は無料で、2、3の車専門業者から同時にまとめて、難なく見積もりを照合してみることができるサイトです。どの程度の価格で買って貰えるのかは、業者に見積もりしてもらわないと確認できません。買取査定額の比較検討をしようと相場の金額を見たとしても、相場を知ったのみでは、お宅の中古車がいくらで売れるのかは、確信はできません。知名度のあるネットの中古車の一括査定サイトなら、エントリーしている車買取業者は、厳密な審査をパスして、提携可能となった専門業者なので、誤りなく信じてよいと思います。このごろは中古車を下取りに出すよりも、インターネットの使用で、なるべく高い金額であなたの愛車を売却できるいい作戦があります。詰まるところ、インターネットの中古車買取の一括査定サイトを使うことによって、無料で使う事ができて、最初の登録も1分程度でできます。最近の一括査定では、専門業者毎の競合入札で決まるため、買い手の多い車なら限界ぎりぎりまでの価格を提示してくるでしょう。こうした訳で、ネットの中古車買取の一括査定サービスによって、保有する車を高額査定してくれる専門業者が絶対に見つかります。個々の事情により多少の相違はありますが、人々はもっぱら中古車売却の際、新規で買った車のディーラーや、自宅付近の中古車買取専門業者に今まで乗っていた車を買取してもらう事が多いのです。現実に古すぎて廃車しかないような場合であっても、ネット上の車買取一括査定サイトを上手に利用することで、価格のギャップは当然あるでしょうが、万が一買い取ってもらえるなら、それが最善の方法です。中古車のおおまかな相場を下調べしておくことは、あなたの愛車を売却する時には絶対に必要です。愛車の見積もり金額の相場価格を知らずにいれば、車買取店の弾き出した見積もり価格が適切な金額なのかも見分けられません。中古車買取のオンライン査定サイトを、並行していくつも利用することによって、着実により多くの買取業者に対抗して入札してもらえて、買取価格を現在買取してもらえるより高い査定金額に誘う環境が出来てきます。車買取一括査定サイトだと、査定の価格の価格差というものが明示されるので、相場金額が掌握できるし、どこで買取してもらえばメリットが大きいかも自明なので大変合理的です。中古自動車の買取相場を調査したい場合には、インターネットの中古車買取の査定サービスが効率的です。現在どの位の商品価値があるのか?すぐに売るならいかほどの価値があるのか、という事をすかさず調査することができるサイトなのです。現実の問題として車を売却しようとする際に、直接お店へ車を運ぶにしても、インターネットを利用した車買取一括査定サイトを試用してみるとしても、ツボを得た知識を得て、なるべく高い買取価格をものにしましょう。私の一押しは中古車買取の一括査定サイトを利用して、パソコンの上のみで取引終了できるというパターンが効率的ではないでしょうか。今からはあなたの愛車の下取りをする前に、中古車買取のかんたん査定サイト等を利用して上手に車をチェンジしましょう。今日このごろでは車買取の一括査定サイトで、手軽に査定金額の比較というものができてしまいます。一括査定するだけで、あなたのうちの車がどれだけの値段で買ってもらえるのか実感できるようになると思います。一括査定においては、買取業者同士の競合しての見積もりが出来上がるため、すぐにでも売れそうな車種であれば極限までの値段で交渉してくるでしょう。それによって、WEBの中古車一括査定サイトを使えば、あなたの車をもっと高い値段で買取してくれる専門業者を見つけられます。

インターネットを利用した中古車買取の一括査定サービスは…。

一括査定そのものを知らないでいて、10万以上は損をしてしまった、という人もいるようです。車の種類や現在の状態、走行距離などの要素が影響しますが、ともあれ複数のショップから、査定してもらう事が必須なのです。まごまごしていないで、第一弾として、WEBの中古車査定サイトに、査定申し込みをしてみることをご提案します。質の良い一括査定サイトが色々ありますから、使用することを推奨します。とっくの昔に車検が切れている車や、違法改造車や事故車等、よくある車買取ショップで買取の査定金額が0円だったようなケースでも、見放さずに事故車歓迎の査定サイトや、廃車専門の査定サイトを試してみましょう。中古自動車の下取り額や買取価格というものは、一月違いでも数万は違ってくるとささやかれています。売ると決めたら即決する、ということが高い査定を得る最適な時期ではないかといってもいいかもしれません。どれだけ少なくても2社以上の買取業者に依頼して、先に貰った下取り評価額と、どれだけの相違が出るのか比べてみる事をお薦めします。20万前後は、買取価格が多くもらえたというショップもかなり多いのです。ふつう軽自動車というものは、査定の価格にさほど差が生じないものです。とはいうものの、軽自動車であっても、オンライン中古車買取一括査定サイトでの販売方法次第で、買取価格にビッグなプラスが出ることもあります。愛車を下取りとして申し込む時の査定価格には、今までのガソリン車よりもハイブリッドカーや、人気のある低公害車の方が高い査定になるなど、当節の波が存在するものなのです。中古車の出張買取サイトの店が、違う名前で幾つも載っていることも時折あるようですが、費用もかからないですし、できればたくさんの車買取専門業者の見積もりを獲得することが、重要です。今頃では出張してもらっての中古車査定も、無料になっている中古車ショップが多いので、容易に出張査定を申し込んで、妥当な金額が差しだされれば、ただちに買取交渉を締結することももちろんOKです。中古車の標準価格や大まかな価格帯毎に高額買取できる中古車買取業者が、照合できるサイトが多くできています。あなたが望むような中古車ディーラーを絶対見つけられます。なるべく2社以上の車買取業者に登録して、当初貰った査定額と、どれ位違っているのか並べて考えてみるのもよいです。20万前後は、買取価格が多くもらえたという場合も実はいっぱいあるのです。インターネットを利用した中古車買取の一括査定サービスは、中古車買取業者が互いに競い合って見積もる、という中古車を売却したい場合に究極の状況が設けられています。この環境を自力で作るのは、非常に困難でしょう。新車専門業者にしてみれば、下取りでせしめた車を売りさばくことだってできて、加えて交替する新車さえもそのディーラーで買い求めてくれる訳なので、えらく好ましいビジネスなのです。いったいどの位で買って貰えるのかは、査定しないと判然としません。査定サービスなどで相場価格を調べても、相場を知ったのみでは、あなたの愛車がいくらの評価額になるのかは、そうはっきりとは分からないものです。新車を買う店舗の下取りにすれば、厄介な書類上の段取りもかからずに、それまでの車を下取りにする場合は買取の場合に比べて、容易に車の購入手続きが終えられる、というのは真実です。

エアコンを使うと 確実にパワーダウンする

パワーのない軽自動車やコンパクトカーなどは、エアコンのスイッチを入れると、とたんに加速が悪くなったり、高速での伸びがなくなったりということを感じる人は多いだろう。

なぜエアコンをつけると、クルマが遅くなってしまうのか?

それは、エンジンに取り付けられているエアコンのコンプレ
ッサーがはたらいて、エアコンのガスを圧縮。

すなわち、圧縮するときの動力としてエンジンの力を利用するた
め、エンジンパワーが51m馬力ほど奪われてしまう。

ゆえに、エアコンを使わないときの感覚で加速をしようとすると、いつも以上にアクセルを踏み込んで燃費が悪くなるのだ。

エアコンのスイッチを入れると、燃費が悪くなる理由がもうひとつある。
それは、エアコンのクルマのスイッチを入れることによって、クルマの電気がたくさん使われてしまうからだ。

ではエアコンをつけながら、しかも燃費のいい走行がでないものか?
ちょっと古いマニュアル式エアコンがついたクルマであれば、「A/C」
スイッチの横に、「ECO」とい、つマークの入ったスイッチがある。

このスイッチは「燃費」に配慮したエアコンの作動スイッチで、このスイッチを入れることによりエアコンのコンプレッサlのオン/オフのインターバルが長くなったり、加速中はコンプレッサーがオフになったりと「A/C」スイツチに入れたときよりも、オン/オフの感度がよくなり燃費が上がる仕組みになっていた。

しかし、エアコンがひんぱんにオン/オフするため、暑がりの人にとってはちょっとしんどいかもしれない。
では、高級車に取り付けられている電子制御のフルオlトエアコンの場合というとは?
このタイプのエアコンは車内に室内温度センサーが取り付けられていて、つねに車内を一定温度に保つような制御になっているた
め、クルマによっては「ECO」スイッチ自体存在しないものもある。

ゆえに、「ECO」スイッチを押して、燃費向上をはかる手段は使えないわけだ。

そこで、有名電力会社のCMのように、エアコンの設定温度を1℃あげ
る。

そうすることで、本来設定していた温度のときよりも、送風状態の時聞が長くなるため、エアコンのコンプレツサlのオン/オフのインターバルを長くして燃費を稼ぐことができる。

バイク無料査定|あなたのバイクは今いくらで売れる?
車を買ったのでバイクはのらない!家に眠って売るバイクを売りませんか?

渋滞で動かないならエンジンを停止する

アイドリングストップがヨーロッパではあたりまえ

 

日本よりも環境問題が深刻なヨーロッパ。

 

フランスなどではアイドリングしてクルマを停車していると罰金が課
せられる。

 

そのくらいムダな排出ガスの削減に厳しく対策を講じている。

 

一方、日本においても最近アイドリングストップ運動は活発になり、東京都では都パスが信号待ちの際、エンジンストップをして、できるだけアイドリングで燃料を使わないように努力している。

 

また埼玉県などでは、10分間以上アイドリングをしてクルマを止めてお
くと、条例により罰金が課せられることになっている。

 

いまや世界中でアイドリングストップ運動の声が高まっている。

 

アイドリングストップで燃料消費量はかなり削減

環境問題のために行われているアイドリングストップ。

 

燃費向上にも、これがけつこう効果的。以前とある雑誌の取材で、中堅運送会社の配達部署にインタビューをしたとき聞いた話では、アイドリングストップする前とくらべると、アイドリングストップを実行するようになってから、月に約10%の燃料消費量の削減に成功したという。

 

ちなみに、その会社は1カ月5000リッター近くの燃料を使うとのこ
と。

 

だから、500リッターの節約ができたということは、会社にとっても
大幅な経費削減になったそうだ。
では、アイドリングをしていると、実際にはどのくらいの燃料が消費され
るのだろうか?
以前、インジェクターの4本ついている2000ccクラスのクルマを使って、とある雑誌で実験を行ったとき、アイドリング回転域では1分間に50~60CCの燃料がエンジンの中に噴出されていた。

 

つまり、凶分間アイドリングを行えば約1リッター、もし約加分以上にわたってアイドリングすれば、約2リッター近い燃料がムダに消費されてしまうことになる。
2リッターといえば、かなりの節約。

なぜなら20km/Lの燃費のクルマだと、加畑も走ってしまうということに
なるし、ハイオクだったら約300円の節約になる。停止中にエンジンが回っているだけで、知らないあいだに消費されているとしたら、じつにもったいないと思わないか?
ちょっとした買い物をしていたり、渋滞に巻き込まれていてボlッと待っているあいだに、ムダに消費してお金に捨てていると考えたら:::。

 

きっと自分もアイドリングストップしようという気持ちになるにちがいない。
1分間以上停車するのであれば、思いきってエンジンを止めてしまおう。

 

2台前の車を気にして走行しよう

アクセルのオン/オフで燃費は1km/Lちがう

 

燃費のよい走りをするためには、アクセルの開け方を一定に保つことがセオリーのひとつだ。

 

市街地を走ったときと郊外を走ったときの燃費に差があるのは、加速と減速をくりかえす回数が異なるため。

 

加速時にアクセルつまり、を踏む量が増、えるからだ。
ちなみに走行している際、アクセルを全開に踏み込んで加速すれば、
一平気均8km/Lのクルマが瞬間燃費で、に3km/Lまでに低下する。

 

これをくりかえせば、平均燃費が悪化することが理解できるはず。

 

だから、アクセルを踏むときには、気をつかわなければならないのだ。

 

燃費マネージャーをつけて燃費を計測してみると…

 

 

テクトムの燃費マネージャーをつけて燃費の測定テストをした。

 

歩行者信号が「赤」に変わると、自動車用の信号はじきに「黄色」になるので、この場合はジワッとアクセルを少し踏み込んで通過した。

 

なぜなら、信号待ちしてアイドリングしていると燃料を消費して
もったいないからである。

 

では、交差点に入る前に信号が「黄色」に変わってしまったときは…。

 

ついアクセルを踏み込んだ、燃費マネージャーの瞬間燃費が1.7km/Lを表示。

 

これであれば、せっかくの燃費走行も、一瞬で水の泡になってしまう。

 

おまけに運転上、とてもリスクが高い。

 

やっぱり燃費のことだけではなく、安全性の面からも、「黄色」に変わってしまったときは、素直に止まるほうがよいことがあらためでわかる。

 

 

のろのろ運転はどんどん抜く

一定のリズムで走らないと燃費が悪くなってしまう

 

坂道にいくと、一定のリズムで走行できないサンデードライバーをよく見かける。

 

とりわけ上り坂では、急激に加速したかと思うと、急にスピードダウン。

 

またまた、勢いよく登って行つたと思いきや、スピードが落ちてへん
なところでべースダウン。

 

このくりかえしで、マイペースに坂道を上っていく。

 

たしかに、 当の本人は必死になって運転しているのかもしれないが、後続についているクルマのほ、つはたまったものではない。

イライラもすれば、エンジン回転が不安定なため燃料消費量もウナギ上り。これでは燃費によいい相談である。

 

一定のリズムで走らないクルマは抜いてしまえ

 

さて、クルマの燃費にいい基本の運転テクニックは、ある一定のエンジン回転数を維持して走ること。

 

すなわち、燃料消費率が低くてトルクフルなエンジン回転域を使って、リズムを刻んで走ることが、「燃費」走行につながる。
と、つぜん、一定の力でクルマを走らせているわけだから、燃料の消費量も一定になるわけだ。
ここで重要になるのが「燃料消費率」という数値。

 

物理の授業のように説明するなら、1Kwの軸出力で1時間の仕
事をするために、どのくらいの燃料を消費するかをグラム単位で示す数値という意味なのだが、簡単にいってしまうと、同じ仕事量をこなすのにどのくらいの燃料を使ってしまうか?ということ。

 

一般的に、燃料消費量は低出力のエンジンより高出力エンジンほど
多くなってしまうので、仕事量にたいする数値で比較している。

つまり、パワーが少なく燃料をあまり消費しないクルマと、大パワーを発揮してガソリンをたくさん消費するクルマで、どちらが省燃費か?という比較に使用するわけだ。
このテストを予想してみてほしい。
険しい坂道を、一定時間&一定速度で走らなくてはいけない場合、低パワーのクルマはエンジンを高回転までガンガン回して一所件名走らなくてはならない。

 

大パワー車の場合は、余裕の回転域でリズムよく登って行ける。

 

この場合の燃料消費量は、あきらかに大パワー車のほうが有利になるだろう。

 

つまり、搭載されているエンジンパワーや特性によって、効率のよいスピードも回転域も異なるということ。

 

そのため、燃費走行を実践するうえで愛車のスペックを理解した運転が必要となる。

 

見出しにもあるように、みるからに前を走るクルマの性能が異なる場
合、抜いてしまったほうがよいだろう。

 

 

ATでも積極的にシフトチェンジを

エンジンブレーキを使うとホントに燃料を消費する

とある自動車雑誌の若い編集マンの運転するクルマに同乗したとき、「坂道でブレーキを踏みながら下りていかないと、エンジン回転数があがって燃料を消費してしまうんですよねえ」と、じつにこつけいなことをいわれたことがある。

 

当然クルマをちょっとでも知っている人であれば、「なにをパカなことをいっているんだ。

 

アクセルを踏まなければ、燃料は消費しない」と、思、つだろう。

 

しかし、彼は教習所ではMT車を乗っていたことがあるのだが、免許をとってからはAT車しか乗ったことがないとのこと。

 

だから、とんでもない勘ちがいをしていたのかもしれない。

 

坂道ではシフトの選択がカギになってくるのだ

 

たとえばATの場合、シフトレバーを「2」のレンジに固定して坂道を下
ると、大きなうなり音とともにエンジン回転数も高くなりスピードも上昇する。

 

だが、勾配を下るエネルギーとエンジン抵抗のバランスがつり合ったと
きから、まるで回転計の針が固定されたように止まり、クルマが何かに引っぱられているようにそれ以上はスピードが出なくなるはず。

 

それが誰もが知っているエンジンブレーキの効果であり、ガソリンを爆発させていないエンジンが無理やりに因されている「抵抗」なのである。

 
つまり、エンジンブレーキをきかせるというのはエンジンに送る燃料をカ
ットし、エンジンが回らないようにすること。

 

したがって燃費にもいいし、クルマを安全な速度で走らせることができるのである。

 

では、上り坂を登る場合はどうだろシフトレバーを「3」や「2」のレンジに固定して走るほうが、燃料の消費量が上下せず燃費走行につながる。

 

もう少し詳しく説明すると、エンジンは回転を上昇させる「過程」でもっとも燃料を消費するので、ATまかせに坂道を登って行くと、カーブなどでアクセルオフにした瞬間に高速(重い)ギヤに入ってしまい、極端に回転を落とすことになる。

 

とうぜん、車速も失速した状態から加速態勢に移るわけだが、アクセルを踏み込むたびにATが変速をくりかえす運転が、燃費にいいわけがないのは納得いただけるだろう。
AT車での究極の登坂方法は、シフトを勾配に合わせて選択し、2リッタ
ークラスのクルマなら回転数は2500~3500回転。

 

つまり、最大トルクの発生回転数に固定したドライピングをすることが、いちばん効率もよく燃費走行といえる。

 

 

スピード計よりも回転計の針を重視

AT車もギヤ位置を固定するととが可能

 

MT車を運転するときは、走っている状況に合わせて積極的にシフトレパーを動かしてシフトチェンジを行うのに、AT車に乗ると運転がうまい人であっても、積極的にシフトレバーを動かしてシフトチェンジするようなことはしない。

 

すなわち、一度「D」レンジに入れてしまったら、クルマを駐車場に入れて止めるまでシフトレバーを動かさない、という人もいるかもしれない。

 

しかし、これは燃費走行の観点しかし、からみると、もったいないやり方。
つまり、エンジンにとって燃料の消費量を抑、えながら、エンジンがもっとも加速しやすい領域を使わずに走っているからである。

 

状況に合わせて積極的にシフトレパーを動かせ

パート1の「その5」でも少しふれたが、エンジンには、トルクフルでい
ちばん燃料の消費量が少ないエンジン回転域があるのだ。この回転域はクルマによっても少し異なるのだが、平坦路で走行する場合、だいたい150012000回転くらい。

 

すなわち小型乗用車の場合、AT車ならばギヤ比が1・00の3速や4速ギヤ、MT車において4速や5速ギヤに位置するポジションでは、このときのスピードは60km/hくらいになる。ちなみに軽自動車の場合には、だいたい40km/hにあたるだろう。
もうカンのいい人であればわかると思うが、小型乗用車などのカタログに掲載されている「60km/h定地走行時燃料消費率」は、そのクルマにとっていちばん燃料消費が少ない速度であり、もっとも「燃費」がよい速度とい、つことになる。
しかしながら、ここで誤解をしてほしくない。

 

つまり、60km/hで走っているから燃料消費が少ないのではな
く、平坦路でもっとも燃料消費が少ないエンジン回転領域で走っているからこそ、「燃空にやさしい走りができるのだ。

 

したがって1速5000回転で走れば、たとえ60km/hであっても
燃料の消費量は大きくなるし、坂道を60km/hで走行していても、同じような燃費数値が出ることは、まずありえないのだ。
だから、パカ正直に40km/hや60km/hで走れば「燃費」がよくなると
考えるのでなく、自分の愛車のカタログなどに掲載されているエンジン回転数ごとの燃費消費率を、まずは把握すること。

 

そして、そのエンジン回転域を把握したら、積極的にシフトレバー
を動かして、できるだけそのエンジン回転域をキlプしながら走ると、好燃費をたたきだすことができるはずだ。

 

車 処分を検討されている方は今すぐコチラ。

アイドリングはしなくてもいい

オイルが暖まって勤きだせばエンジンはスムーズに回る

 

カー用品庖などでオイル交換してもらう際、走行直後のエンジンが暖まつている状態でオイルパンのドレンボルトをはずすと、オイルが勢いよく出る。

 
しかし、新しいエンジンオイルを注入する際には、エンジンオイルを抜いたときよりも、ゆっくりと入っていく。

 
ようするに、オイルは油温によって流動性が変化するため、オイルの流れる速度が異なるのだ。では、オイルの流動性が異なるとどうなるか?

 

冷えているときには、エンジン内部ににオイルが行きとどくまでに時間がかかる。

 
暖まるとやわらかくなるので、暖まつて動きだしたほうがスムーズにエンジンが回る。

 

 

アイドリングしたほうがクルマにはやさしいが・.

 

人間も起きてすぐ動くよりも、少しウオーミングアップをして、動きだす
ほうが快調に動ける。

 

それと同じで、クルマもエンジンをかけて少し動いてから通常の走り方にすると元気よく走れるうえ、燃費にもやさしい走りをすることができるのだ。

 
とはいっても、「アイドリングで暖機をしっかりとやればいいんじゃな
い?」という人もいるかもしれない。

 

たしかにアイドリングで暖機したほうがクルマにとってもやさしいし、早
くエンジンオイルが暖まる。

 

しかし、アイドリングだけではそのほかのオイル、つまりギヤオイルなどが適切な温度まで暖まらない。

 

おまけに、アイドリング状態でクルマを放置すれば、2000CCのクルマでも1分間に約60CCもの燃料を浪費してしまう。

 

これでは省燃費にも反するし、環境破壊にもつながりムダなことといえる。

 

では、燃費のためにはどうしたらよいのだろうか?

 

その答えは、できるだけていねいなドライピングを心がけるしかな
い。つまり、クルマ全体が暖まるまでの約叩分は、エンジン回転数を2000回転以下、時速判同/hくらいで走らせて全体にオイルを行きわたらせながら、クルマの駆動部分も暖める。

 
こうすれば、アイドリングで消費していた燃料も走行することによって距離を稼ぐこともできる。

 
しかし、どんなに努力してもクルマ全体を暖めるためには、50CC以上のガソリンを消費してしまうそうだ。

 

現実的にはむずかしいかもしれないが、一度エンジンをかけたらクルマが完全に冷えないように気をつけたい。

 

カー用品屈では、クルマの温度を保つグッズも多数販売されているので、それらを試してみるのもいいかもれない。

 

ちょっとした行為の積み重ねで、燃費走行を実現することが可能になる。