厚底の靴よりも素足で運転

アクセルペダルが足の一部になるようにしろ

今はなきアイルトン・セナ。

 

Flの歴史に輝かしいレコードを残しながら、不慮の事故により若くしてなくなってしまったドライバーである。

 

彼の運転は伝説に残るのもで、クルマの状況を瞬時に読みとりアワクセルワークも1秒間に叩回踏み分けるという、天才的なテクニックのち主だったという逸話が残っている。

 

一般の人にはまねできない話であるが、運転するにあたっては、「メリハリのある運転をする」のと「ダラダラと運転する」のでは、明らかに燃料消費量が異なってくる。

 

たんにアクセルを踏むのではなく、アクセルペダルの微妙なコントロールこそ、燃費を左右するポイントになる。

 

 

微妙なアクセルワlクで燃費をコントロールする

 

大きなカl用品庖に行けばレーシングスーツやヘルメットのほかに、レー
シンググローブやレlシングシューズも販売されている。

 

ちなみにレーシングシューズはブーツのように足のすね
を隠すような形状になっており、見ためはとてもものものしいけれど、靴底は意外と薄くて、まるで裸足のように足の裏にあたるものがよくわかるのだ。

 

なぜレーシングシューズは靴底が薄くできているのかというと、微妙・な
アクセルワークを実現するため。

 

すなわち、ちょっとしたアクセルペダルの踏み方によってコンマ何秒が決まってしまうから、できるだけ靴底を薄くして、足の裏で微妙な感覚をつかみやすくなっているのである。

 

このように靴底の厚さは、省燃費走行するうえで、とても重要なポイントになってくる。

 

つまり、ちょっとでもアクセルを踏み込めば、エンジンに燃料がより多く送り込まれ燃料の消費量が増える。

 

だからといって、あまりアクセルを踏まなければ、燃料の消費量は少なくてすむものの、今度は思ったよう・なスピードでクルマが走れなくなってしまう。

 

この微妙なアクセルコントロールを行うためには、やはりいちばんいいのが裸足という結論に達する。とはいっても裸足で運転するのは、やはり抵抗があるという人も多いにちがいない。

 

そこで運転しやすいシューズとして考えたとき、やはりスニーカーや靴底が薄くてやわらかい革靴が適しているといえるだろう。

 

これであれば、クルマから降りてからのシlンでも恥ずかしくな
いし、比較的アクセルコントロールもしやすいので、ベタ!な選択である。

 
たまに厚底ブlツやスリッパなどで運転している人を見かけるが、これらはアクセルコントロールしにくいだけでなく、安全運転にも差し障りがあるので、絶対にやめるべきである。