2台前の車を気にして走行しよう

アクセルのオン/オフで燃費は1km/Lちがう

 

燃費のよい走りをするためには、アクセルの開け方を一定に保つことがセオリーのひとつだ。

 

市街地を走ったときと郊外を走ったときの燃費に差があるのは、加速と減速をくりかえす回数が異なるため。

 

加速時にアクセルつまり、を踏む量が増、えるからだ。
ちなみに走行している際、アクセルを全開に踏み込んで加速すれば、
一平気均8km/Lのクルマが瞬間燃費で、に3km/Lまでに低下する。

 

これをくりかえせば、平均燃費が悪化することが理解できるはず。

 

だから、アクセルを踏むときには、気をつかわなければならないのだ。

 

燃費マネージャーをつけて燃費を計測してみると…

 

 

テクトムの燃費マネージャーをつけて燃費の測定テストをした。

 

歩行者信号が「赤」に変わると、自動車用の信号はじきに「黄色」になるので、この場合はジワッとアクセルを少し踏み込んで通過した。

 

なぜなら、信号待ちしてアイドリングしていると燃料を消費して
もったいないからである。

 

では、交差点に入る前に信号が「黄色」に変わってしまったときは…。

 

ついアクセルを踏み込んだ、燃費マネージャーの瞬間燃費が1.7km/Lを表示。

 

これであれば、せっかくの燃費走行も、一瞬で水の泡になってしまう。

 

おまけに運転上、とてもリスクが高い。

 

やっぱり燃費のことだけではなく、安全性の面からも、「黄色」に変わってしまったときは、素直に止まるほうがよいことがあらためでわかる。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>